台風19号への備えと経過

こんばんは、アマノです。

2019年10月12日……

日本に「大型で非常に強い」台風19号が襲来しました。

数日前からその巨大さと連休中に日本を直撃しそうなコースで騒然となっていた台風19号。

多くの人の祈りもむなしく、関東、そして東北を直撃し、多くの被害を出していきました。

ただ、台風は地震と違ってある程度の予測が可能な災害です。

台風の直撃がほぼ避けられなくなった時点で、我が家も台風対策を始めました。

思いだしたマイ・タイムラインのこと

小1の上の子が夏休みの宿題として出されたのがこの「東京マイ・タイムライン」。

東京マイ・タイムライン

災害が近づき発生するまでに何ができるか、タイムライン形式で書き込む形になっています。

これを書いた時は、まさか2ヶ月後に東京に特別警報が出されるなんて思いもしてなかったんですよね……。

だから台風の準備として書いたのは、「非常袋の確認」「ベランダのものを片付ける」の2点のみ。

具体的な想像が全然できていませんでした。今考えると。

参考にできるような冊子もついていたんですが、やっぱり書かれているのを見るのと実際に経験するのとでは大違いです。

台風接近前にやらなければならないことは、実際にはもっとたくさんありました。

今回の台風は、親にとっても非常に勉強になる経験でした。

心強いツイッターの情報

今回何よりも役に立ったのは、ツイッターに流れていた情報の数々でした。

先日の台風で被災した千葉の方や、毎年台風の被害に遭っている沖縄の方の書き込みもあり、実体験からのアドバイスはとても参考になりました。

ライトに水の入ったペットボトルを乗せると光量が増えて(拡散して?)周囲も明るくなるライトになること。その水に牛乳を1滴入れると効果が高くなること。

ツナ缶に穴を開けてタコ糸を差し込み、火をつけるとライトになること。油がなくなったツナも美味しく食べられること。

河川の水位情報がネットでリアルタイムで見られること。( YAHOO!JAPAN天気・災害トップ > 河川水位情報

そういったこともツイッターで教えてもらいました。

犬をしまうとか、窓ガラスに養生テープを貼るかどうか議論なんていうのもありましたね。

あと、フォロワーさんだけでなくいろんな人が台風に備えているのを見ると、何だか一体感を感じます。強大な敵を前に協力する展開みたいな。

ツイッターには悪い面もありますが、やっぱりなくてはならない存在だと実感しました!

非常用持ち出し袋を確認

我が家では非常袋としてリュックを用意してありました。

缶詰は期限があるので年に一度ぐらいは確認していましたが、それ以外は最初に用意した10年以上前に入れたものばかり。 

改めて確認すると、懐中電灯が電池切れ……どころか電池交換ができない懐中電灯だったのを初めて知りました。

確認大事です。

手回し式のライト兼ラジオは普通に使えますが、もし停電したらそれを回し続けるのは絶対に無理がある……

そう思ってダイソーでライトを買ってきました。

停電時の光源

頭につけるライトは移動時に手が空くと便利だというのをツイッターで聞いて買ってきました。

台風前日のダイソーは同じ考えの人が押し寄せて電池はほぼ売り切れ、お店の人も忙しくて大変だと言っていました。お疲れ様です。

今回は避難することは考えていなかったのですが、ついでにリュックの中身を一通り確認するいい機会になりました。

家でできる準備をしておく

これだけの規模の台風だと、ライフラインが使えなくなる可能性は十分にあり得ます。

うちの自宅はマンションの中層階なので浸水する可能性はまずないのですが、ハザードマップによればこの一帯は最大数mほど冠水する可能性のある地域です。

自宅避難を想定して、ツイッターを参考に準備を進めました。

お風呂に水を溜める。飲み水は2Lペットボトル2本に入れて冷蔵庫へ。(冷蔵なら10日ほど持つようです)

生のお肉には火を通し冷蔵、ご飯を普段より多めに炊いて半分は冷凍庫へ。

掃除機をかけ、金曜日の夜に洗濯。

この1ヶ月ほどでベランダのものが増えていたので、移動できるものは全て室内へ。筋トレマシンは倒しておきました。

普段使わないスマホのモバイルバッテリーも探し出して充電。

子供たちにも「いつ急に停電するかわからない、お水も出なくなるかもしれない」と言い聞かせておきました。

土曜日、台風上陸

いよいよ台風

金曜日が忙しかった分、土曜日はハラハラしながらも家で家族とゆっくり過ごしました。

もう個人でできることは何もありません。

無事に台風が過ぎ去るのを祈るだけです。

テレビではNHKをつけっぱなし、ネットではツイッターと河川情報をチェック。

昼までは雨も風もそこまで強くはなかったです。

子供たちもいつものように遊んだり喧嘩をしたりしています。喧嘩はしなくていいです。

天候が荒れてきたのは夕方になってから。

家の前の電柱と電線が揺れて、いつ停電してもおかしくないような状況に見えました。

家のやや近くにある川の水位もどんどん上昇。実家近くの川も危険な状況になっていたようです。

ニュースからは特別警報の音が繰り返し流れ、スマホにも緊急速報メールの通知が何度も届きます。

台風は午後7時前に伊豆半島に上陸。どんどん北上していきます。

外から聞こえる風の音。

でも以前の台風15号の時とは風の流れが違うのか、前は雨が波のように押し寄せてきていた玄関ドアの方は静かでした。

カーテンを閉め、たまに外を確認し、台風が過ぎるのを待つ数時間……

あちこちの河川が氾濫したという情報が流れ、うちの方にもいつ水が来るか、突然停電するか、風で物が飛んでくるか、何が起こるか気が気じゃなかったです。

けれど、特に何も起こることはなく……

翌朝を迎えました。

日曜日、空気が綺麗

本日日曜日。

台風一過、とてもよく晴れて日差しが強く、夜は月の光がまぶしいくらいでした。

結局うちの地域は冠水することがなかったものの、川の近くに行った知人からの写真を見てびっくり。

堤防の上ギリギリまで水がいっぱいでした。

あとほんの少し雨が長ければ限界を超え、あふれていたかもしれません。

昼前になってこの地域に出ていた避難勧告は解除されました。

ただ、一夜明けてだんだん各地の被害情報が明らかになってきました。

人的被害だけでなく、各地で川が氾濫して洪水の被害が出ていました。

家族が無事でも家に住めなくなったり、家具が水びたしになったり、大事なものが全部流れ出したり……被害の大きさを考えると恐ろしいです。

自然災害って本当に恐ろしい。

今回は無事でも明日は我が身ですからね。

準備の重要性を痛感するとともに、子供が普通に遊んでいられる日常のありがたみを改めて感じるのでした。

あと、災害時に忙しくなるお仕事をしている方々には感謝しかありません!

コメント